空間情報を利用するオフィスについて

subpage01

仕事を行うための空間の事をオフィスや事務所と言いますが、会社を立ち上げる時にはオフィスや事務所ではなく、住所と言う空間情報だけを借りて設立登記を行う人も多くなっています。
これはバーチャルオフィスと呼ぶもので、一般的なオフィスや事務所などのように仕事場と言うスペースはないのが特徴です。

空間情報情報に精通したサイトです。

住所はオフィスに最低限必要となる空間情報で、ホームページにはバーチャルオフィスの所在地を掲載出来るようになります。

個人事業主の中には自宅で仕事をしている人も大勢いるわけですが、会社を立ち上げると同時に会社のアピールを行う目的でホームページを立ち上げるケースは多いと言えましょう。
会社の住所をホームページに掲載する時、果たして自宅の住所を掲載するのが良いのか悩むケースも多いのではないでしょうか。


ネットに公開が行われた情報は、漏洩のリスクもあるので嫌がらせの電話や郵便物が送られてくると家族にも迷惑を掛けてしまうなど不安を抱く人も多いわけです。



バーチャルオフィスは住所や電話番号を借りる事が出来るオフィス、空間情報を活用する事でホームページに掲載する住所や電話番号はバーチャルオフィスの所在地やサービスを提供している会社が貸し出している番号になるので、自宅の住所などの情報が漏洩されずに済むわけです。



また、バーチャルオフィスは都心の中でも一等地と言われている場所でサービスを提供しているため、利用する空間情報についても銀座や六本木などのような有名な場所になるのが特徴です。