様々なシーンで活躍する空間情報

subpage1

カーナビゲーションシステムやインターネット上にある地図システム・航空写真など、身近な場面で空間情報が使われています。

空間情報の情報が欲しい方必見です。

空間情報が私たちの生活の様々な場面で活用されることにより、安心・安全に便利で快適な生活を過ごすことができます。
共有の空間情報がリアルタイムに更新されることで、交通網や不動産物件の管理、将来的なインフラの整備、観光や文化の情報発信が容易になりました。

また、災害時には災害の状況や危険な地域を把握することができるので、情報を共有することにより被災者を迅速に救助したり、二次災害を防ぐことができます。



情報を利用する人たちは、携帯電話やカーナビゲーションなどに搭載された全地球測位システム、GPS機能により位置情報を取得することができ、最速で目的地まで行く方法を検索したり、位置情報を活用したゲーム、お年寄りや子供たちを守るための見守りサービスなど、様々なシーンで情報が活用されています。


GPS機能の活用により便利な生活にはなりましたが、プライバシーの侵害などの問題も起こっており、GPS機能を今後より安全で快適に活用するために的確な運用ルールの策定などが求められています。



空間情報は、提供される情報や活用の仕方によって有料のものや無料のものがあります。
会員登録することで、常に最新の情報を取得することができる利便性の高いサービスもありますが、インターネットの環境さえあれば誰でもどこでも取得できる情報などは更新日が遅いものもあるので、最新情報が必要な場合には確認する必要があります。

初心者向きヘリコプター

subpage2

仕事を行うための空間の事をオフィスや事務所と言いますが、会社を立ち上げる時にはオフィスや事務所ではなく、住所と言う空間情報だけを借りて設立登記を行う人も多くなっています。これはバーチャルオフィスと呼ぶもので、一般的なオフィスや事務所などのように仕事場と言うスペースはないのが特徴です。...

next

ヘリコプターコラム

subpage3

航空レーザー計測は航空機を使った測量を行う技術です。普段利用している地図は精度がとても高いものが多いかと思われますが、地上を歩きながら地図を製作するのとは異なり、上空からレーザー光を発射させて、航空機の位置情報やレーザー光が地表に反射して戻る時間を計算するなどして地図を作るのが航空レーザー計測の特徴です。...

next

ヘリコプターの意外な真実

subpage4

航空レーザー計測はレーザー測距、GNSSおよびIMUの3つの技術を合体する事で可能になる計測技術です。レーザー測距はレーザー測距装置を利用するもの、レーザー光を上空から発射して、地表から反射して戻ってくる時間差を調べて距離を決める装置で、航空レーザー計測の要となる部分です。...

next

人に言いたいヘリコプター

subpage5

日本は生活水準の高い先進国として知られており、医療保険の充実や医療技術の進歩により様々な病気や怪我の治療が適切に行える環境が整っています。地域によっての医療格差はありますが、具合が悪くなったり怪我をしても近くの病院に行ったり、救急車を呼べば夜でも適切な治療が受けられる医療施設に搬送して貰えるのです。...

next