航空レーザー計測を使えば精度の高い地図を製作可能に

subpage01

航空レーザー計測は航空機を使った測量を行う技術です。

普段利用している地図は精度がとても高いものが多いかと思われますが、地上を歩きながら地図を製作するのとは異なり、上空からレーザー光を発射させて、航空機の位置情報やレーザー光が地表に反射して戻る時間を計算するなどして地図を作るのが航空レーザー計測の特徴です。地図には等高線が描かれていますが、等高線は高さを持つ情報であり、レーザー光を航空機から発射した時に、標高が高い場所ほど反射して戻る時間が早くなります。
逆に海岸などの場合は海抜ゼロメートル地帯であり、レーザー光が航空機に戻るまでの時間が長くなるわけです。


しかし、航空機が現在どこにいるのかを情報の中に入れなければ意味がありません。
例えば、航空機が上空1000メートルの場所にいる時と2000メートルの場所にいる時では同じ標高を持つ場所にレーザー光を発射しても、航空機の位置が1000メートルの差があるわけですから、上空1000メートルの場所に位置している時の方がレーザー光は早く戻る事になります。

航空レーザー計測ではより正確な地図を作り上げるための、航空機の位置情報も加味した形で地図を作り出す事が出来ます。

あなたのご要望に応える航空レーザー計測サイトを今すぐ確認してみましょう。

標高だけではなく、現在位置を正確に捉える事で上空から発射するレーザー光が戻る時間を調べるなどが行われているわけです。



尚、航空レーザー計測は人が立ち入る事が出来ない山間部でも正確な地図を作り出せる技術があります。