ドクターヘリの役割と今後の課題とは?

subpage01

日本は生活水準の高い先進国として知られており、医療保険の充実や医療技術の進歩により様々な病気や怪我の治療が適切に行える環境が整っています。
地域によっての医療格差はありますが、具合が悪くなったり怪我をしても近くの病院に行ったり、救急車を呼べば夜でも適切な治療が受けられる医療施設に搬送して貰えるのです。

とはいえ、どれだけ医療技術が進歩して医療機関が充実していたとしても、一秒を争う重篤な状況であれば迅速に適切な治療を受けて専門的な治療を受けることが出来る医療機関に搬送されなければ、その命を繋げないケースも増えてしまいます。近年ますます注目を集めているドクターヘリとは、救急医療用の医療機器や資材を装備したヘリコプターが医療機関に待機しており、要請を受けたら救急治療専門の医師と看護師を迅速にその現場まで搬送させるシステムです。

ドクターヘリは要請を受けるとわずか数分で出発するために、一秒を争う現場において救急医療専門の医師が迅速に治療に当たることが可能になります。

ドクターヘリの情報を簡単に探すことができます。

適切な初期治療を施しながら必要な医療機関へ短時間で搬送する事が可能であるために瀕死の命を繋ぐ確立を高めているのです。



日本では平成19年に制定された「救急医療用ヘリコプターを用いた救急医療の確保に関する特別措置法」に基づいて、ドクターヘリを用いた救急医療の全国的な確保を図るための特別措置を講じています。


命を繋ぐ貴重なシステムで有りながらもその導入が簡単で無い事の要因には、運用や設備に罹るコストが大きいことが挙げられます。

特に僻地や離島などのドクターヘリの汎用性が高い地域程、費用面の問題による配備や運用が難しい問題があるのです。